TOP > 脱毛コラム > 脱毛手順

脱毛部位を見られるのが恥ずかしい…そんなあなたへ

アンダーヘアの脱毛の手順をお教えします!

ここで、ちょっと一休み。 エステティシャンから見たお客様の話をしたいと思います。

脱毛エステを利用するにあたって、費用よりも気になるのは、やっぱり気恥かしさではないですか? 特に、最近一般的になってきた、アンダーヘアのお手入れについては、自己処理では満足にできないけれど、他人に見せるのは恥ずかしいですよね。

例えば、Oラインの処理を行う場合、私の勤めていた脱毛エステでは、ホックの付いた専用ショーツに履き替えてもらってから、実際に照射を行う際に、ホックをはずしていました。 施術の間は、どうしても脱毛部位の周りはオープンになってしまうので、恥ずかしさも極限だと思います。でも、変に意識しなくても、エステティシャンも心得ていますから、淡々と機械の様にこなしてくれますよ。 エステティシャンも看護婦さんや医師と同じで、何百人とお客様をみている訳ですから、いちいち話題にしたりといったこともありません。どうぞ安心して下さいね。

また、気になるところやわからないことがあったら、何でも相談される事をおすすめします。以前は悪徳エステなども多くて、話をするきっかけを与えてしまうと、色々とケア用品を売りつけられたりといった不安もあったのではと思います。

でも、今は明瞭会計のエステも増えましたし、わからないことをそのままにしていると、施術を受けていても不安だと思いますから、信用できるエステを見つけて、しっかりと担当者に相談できる環境を作って下さい。

おまけのおまけで、良くあるご質問なのでご紹介させて下さい。

アンダーヘアの脱毛を行う時には、まずご自宅で脱毛部位の剃毛を行っていただきます。 エステによっては、お店で剃毛も行っていますが、大体はご自身で剃っていただいてからの来店が多いです。 カミソリで処理される場合は、必ず施術の2~3日前に行っておいていただきます。当日の処理は皮膚にトラブルが起こる可能性が高いため、施術をお断りする場合もあります。また、処理を忘れて当日おこしになる場合は、エステによってはシェーバーでの処理代を別途請求されるところもあるようです。

エステの光脱毛は、毛の黒色に反応しますから、照射前の剃毛はしっかりと行っておかないと、照射の際に強い痛みを感じる場合があります。 なかなかお手入れのしにくい部分なのですが、丁寧に細かく処理しておいて下さい。

それから、アンダーヘアは生理中の脱毛は行えませんので、生理になってしまったら、予約を変更して下さいね。