TOP > 脱毛方法の比較 > 比較基準

脱毛方法の比較基準について

脱毛方法には、エステに行く、医療機関に行く、自分で行う、という誰が脱毛するのか、などWHOという軸と、具体的にどういう施術で脱毛を行うのか、などHOWという軸があります。それぞれ、どのように選べよいのか個別の基準を案内したいと思います。

WHOを選ぶ基準

まず、誰が脱毛をするのかというポイントですが、これは以下のような基準があることをまずあげましょう。

  • 脱毛箇所をどれほど脱毛したいかと欲望度合い
  • 脱毛箇所の繊細さ
  • あたなの毛濃さ

それぞれについてついて解説します。

脱毛箇所をどれほど脱毛したいかと欲望度合い

あなたが今脱毛したいと思っている場合、あなたはどれほど脱毛したいと思っているのでしょうか。ちょっと気になるなーというくらいであれば、自分で行えばいいでしょう。しかし、あなたが本気で脱毛したい是が非でも、その毛を消し去ってしまいたい!と思っているのならば、迷うことなく医療機関に向かうべきです。脱毛の専門度合いとしては、「医療機関 > 脱毛エステサロン > セルフ」という序列を想定することができるので、真剣度合いによって確実性の高い専門家に一任するのがベストです。

脱毛箇所の繊細さ

脱毛したいといっても、男性ならちょっとひげを、女性ならちょっと指の毛を、という感じで、気軽に脱毛できる場所もある一方で、腋毛や陰毛など、その周辺の肌への影響を考えなくてはいけない場所など様々です。もちろん、ひげの脱毛時に、顔の肌がアレてしまうのも嫌だと思う人もいるでしょうが、陰毛周辺の肌がおかしくなっては日常生活に支障が出てくるでしょう。そのような敏感な場所ほど、専門家に依頼して脱毛してもらうべきでしょう。

あたなの毛濃さ

一般に濃い毛ほど、毛根がしっかりしており、脱毛しづらいものです。そのような毛を脱毛する場合、気を付けないと毛根が皮膚内に残ってしまい、大変なことになってしまいます。脱毛する場所と合わせて、どれほどあなたの毛が濃いか十分他人に聞いて考えましょう。もうこんだけ残った状態は、非常に見た目が悪く、だらしなく見えます。

HOWを選ぶ基準

次に、どのような方法で脱毛するかを選ぶかについてですが、これはほとんどセルフ脱毛の場合に限られてきます。現在のエステサロンにしても、医療機関にしても脱毛方法はメインがレーザー照射によるものになりますので、基本的には問題ありません。セルフ脱毛をする際にきおつけるポイントも「WHOを選ぶ基準」とだいたい同じで、以下の通りです。

  • あなたの皮膚の状態
  • 脱毛周辺の繊細さ
  • あたなの毛濃さ
  • どれほどの感覚でお手入れできるか

あなたの皮膚の状態

そもそもあなたの皮膚が弱く、いろいろなものに影響されやすいのなら、ワックス系であったり、カミソリによる除毛に関しては、やめてほうがいいでしょう。レーザー照射に関しても、よくよく話を聞いて納得のできた医療機関で行うのがいいでしょう。

脱毛周辺の繊細さ

上記と同様ですが、肌も部位によって傷つきやすさや柔らかさは異なります。基本的に繊細なところほど、慎重に選ぶべきです。

あたなの毛濃さ

毛が濃い場合は、はじめにワックスを使用し、その後カミソリをつかうといった二段構えの方法も考えられます。その他、普段はカミソリを使用し、適宜、サロンにいってレーザー脱毛してもらうということもいいと思います。

どれほどの感覚でお手入れできるか

自分でお手入れしづらい場所もあります。そのような場所は、医療機関で恒久脱毛する施術を受けるのがもっともよいでしょう。