TOP > ムダ毛処理の基礎知識 > 自宅除毛・脱毛

カミソリ/毛抜き/シェーバーなど自宅除毛・脱毛について

一般的な自宅でのムダ毛処理方法を解説

ワックス脱毛

一昔前に一世を風靡した?ワックス脱毛。 これは、べたべたねばーっとしたワックスを温めて、むだ毛の部位に塗り、上からシートを貼り付けて、ワックスが固まった頃に、シートごとベリベリッとはがす方法。 当然かなりの傷みがありますし、肌が弱い人などの場合、赤みやかぶれ、埋没毛といった肌トラブルが起こる可能性があります。 そして、何より面倒なのは、ワックスを温める時間が必要なことと、脱毛後の肌やシートにのこったワックスの処分です。ワックスを部屋にこぼしたりした日には、もう目もあてられません。 ただ、カミソリなどで剃るよりは持ちが良いですし、ワックスをはがす時、肌の余分な角質もはがれるので、肌触りはつるつるになります。 今は、シートを使わなくて良いものや、温める必要のないものもたくさん出ていますから、色々と調べてみるのも良いと思います。

除毛ムース

除毛ムースや除毛クリームは、肌表面の毛を薬剤で溶かす方法です。肌表面に出ている毛を溶かしてしまうので、カミソリなどの処理に比べて、溶けた毛の表面が鋭角ではないので、肌当たりがつるつるになります。ただし、毛根はノーダメージである場合が多いので、毛の生えてくる周期は短め。 また、肌に直接塗布するので、肌の弱い人の場合、皮膚炎などのトラブルなどが起きることもあります。使用される際には、必ずパッチテストを行って下さいね。

脱色

むだ毛を脱色して目立たなくするという方法もあります。 髪のブリーチと同じように、むだ毛から色を抜くことで、生えていることをわかりにくくします。ブリーチ剤なので、肌の弱い人や、デリケートな部分には不向きです。 また、色が薄くなるだけで、むだ毛は無くならないので、毛が生えていること自体が気になっている場合には、根本的な解決にはなりません。 腕や背中、お腹といった比較的むだ毛の細くて少ない部位なら、脱色という方法もおすすめです。

ソイエなどの脱毛器

電動で回るコイルなどにむだ毛を巻き込んで抜き取るタイプの脱毛器です。 むだ毛を抜き去ってしまうので、お手入れの周期は長めになりますが、肌トラブルや埋没毛が起こる可能性があります。 この肌トラブルについては、色んなメーカーで対処法を考えているようで、お風呂で泡脱毛ができる機種など、毛穴の開いた状態で使えるものもたくさん出ています。 メーカーの推奨する使い方で使用することが、肌トラブルを防ぐ一番の方法ですから、取り扱い説明書はしっかり読んで下さいね。

カミソリ、ひげそり

セルフケアではもっともよく使用されているのが、カミソリやひげそりを使った方法だと思います。

カミソリやひげそりは、ひざ下や腕などの広い範囲の除毛に向いています。個人差はありますが、カミソリでのお手入れの場合、すぐにむだ毛が伸びてきてしまうので、数日おきに処理が必要になります。 さらに、カミソリで手入れしたむだ毛は鋭角な切断面を持っているので、手触りはチクチクしますし、斜めにカットされた毛が肌に刺さって埋没毛になってしまう場合もあります。

カミソリを使うなら、男性用のひげそりなどではなく、除毛用に開発されたレディースシェーバーがおすすめ。特に4枚刃、5枚刃のものは、肌当たりも良く、肌トラブルが軽減できます。 カミソリはすぐ悪くなってしまうので、こまめに新しい刃に変えてあげて下さい。

また、顔用のカミソリなど、部位によってサイズや形の異なるカミソリが出ていますから、目的によって上手に使い分けて下さいね。

毛抜き

眉やヒゲ、指毛、脇下など、細かい部位や毛の量が少ない部位には、毛抜きを使う方が多いのではないでしょうか。外出先のトイレなど、出先でもささっと使えるのが良いんですよね。 毛抜きで1本ずつ処理するのは面倒ですが、やっぱりカミソリに比べて生えにくいことから、毛抜きでの脱毛は根強く人気です。 毛抜きを使った自己処理は、毛穴部分が盛り上がってぼつぼつになってしまったり、埋没毛が起きたりといったトラブルの可能性があります。 こうしたトラブルを回避するには、清潔な状態で、毛の流れにそって一気に抜き去る事と、毛穴が開いた状態で行うことです。

NONOヘア・フラッシュ脱毛

最近大流行しているのが「NONOヘア」ですよね。サーミコン脱毛という方法で、でむだ毛に熱を通し、 毛の生える周期を遅くするというものです。 また、昔から家庭用の脱毛器も数多く販売されています。 今だと、フラッシュ脱毛器といって、広範囲にカメラのフラッシュのように光の照射を行えるものが人気です。これらは、徐々にむだ毛を減らしていくことが最大の目的なので、いきなりつるつるになると思って購入した人は、騙されたと思ってしまうかもしれません。 いずれの脱毛器も、長く続けることで徐々に効果が現れるものとわりきって、気長に続けるのが正解です。また、NONOヘアも一般的な光脱毛器もそうですが、定期的にカートリッジを取り換える必要がありますので、最初の本体価格だけでなく、後々どれくらいの予算が必要になるのかは、あらかじめ調べておいた方が良いです。

ヒートカッター

これは、脱毛とは少し違いますが、アンダーヘアを短くカットするための機械です。 ここ最近は、Vライン・Iライン・Oラインとアンダーヘアのお手入れが一般的になってきましたよね。 ヒートカッターは長いアンダーヘアをお好みの長さにカットすることで、むだ毛を少なく見せることができます。実際、アンダーヘアが濃いと悩んでいる人も、このヒートカッターで定期的にカットを行うだけで、実際はそんなに濃くなかったと気づく方が多いんですよ。 アンダーヘアのボリュームに悩んでいる方は、一度試してみてはどうでしょうか。 普通のはさみでカットすると、毛先が鋭利になってしまうので、下着から飛び出してしまったり、手触りがチクチクしてしまうのですが、ヒートカッターは毛先がまるく仕上がるのでこうした不快感がありません。